ネット診療受付

内科・呼吸器内科・皮膚科・外科
広尾ガーデンヒルズクリニック
〒150-0012
東京都渋谷区広尾4-1-12
広尾ガーデンヒルズG棟
TEL: 03-3406-5530

電話でのお問合せ・ご予約
ネット診療予約
問診票ダウンロード

クリニック案内

医院名
広尾ガーデンヒルズクリニック
院長
坂本 和裕
住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾4-1-12
広尾ガーデンヒルズG棟
診療科目
内科・呼吸器内科・皮膚科・外科
電話番号
03-3406-5530

診療時間

10:00~13:00

15:00~19:00

9:00~13:00

15:00~18:00

9:00~13:00

15:00~18:00

9:00~13:00
16:00~21:00
9:00~13:00

受付は診察終了時間の15分前まで
【休診日】木曜午後、金曜午前、土曜午後、日曜、祝日

予防接種・ワクチン接種

各種ワクチン接種に対応しております

各種ワクチン接種に対応しております

渋谷区公費ワクチンに加えて、任意接種ワクチン、海外旅行に必要な各種ワクチンも取り揃えております。
※接種をご希望の方は「ネット診療予約 24時間受付」にて予約の際に希望するワクチンの記載をお願いします。
またお電話での受付も行っております。

下記のスケジュールに記載のワクチンはすべて取りそろえております。
その他に海外渡航や留学に必要な、狂犬病ワクチン、A型肝炎ワクチン、A型・B型肝炎混合ワクチン、破傷風トキソイド、破傷風用テタノブリン、髄膜炎菌ワクチン、日本脳炎ワクチン、3種混合ワクチン(Tdap:ジフテリア・破傷風・百日咳)、ダニ脳炎ワクチン、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン:ガーダシル)、チフスワクチン、コレラワクチン、マラリア予防薬、高山病予防薬も常備しております。

インフルエンザの予防接種のお知らせ

インフルエンザの予防接種のお知らせ

インフルエンザ予防接種は10月1日(火)から開始いたします。

また、土曜日午後の診療時間外にインフルエンザ予防接種のみの外来をオープンいたします。

日時は10/12(土)、10/26(土)、11/9(土)、11/16(土)の午後2時~4時半です。

ネット診療予約内のインフルエンザ予防接種枠でご予約をお願いします。

通常の診療時間内での接種も可能です。こちらもネット診療予約のインフルエンザ予防接種枠よりご予約が可能です。

お電話(03-3406-5530)でのご予約も承っております。


高校生以上  4,200円(税別)

中学生以下  3,300円(税別)

*12歳以下は2回接種(2~4週間後に2回目を接種) 

13歳以上は1回接種が基本ですが、2回の接種で更なる予防効果が得られるため希望される方には2回目の接種を行います


<持ち物>

  • 診察券(当院受診歴のある方のみ)
  • 保険証
  • 母子手帳、乳幼児医療証もしくは子供医療証(15歳以下の方)
  • インフルエンザ接種票(65歳以上の方)


<渋谷区予防接種助成>

期間:2019年10月1日~2020年1月31日

渋谷区在住の1歳から15歳(中学3年生まで)の方、65歳以上の方は無料です。

  • 中学以下の方は、住所確認のため、乳幼児医療証または子供医療証と母子手帳を持参してください。
    助成に必要な予防接種予診票(渋谷区インフルエンザワクチン接種無料券)は当院で用意しております。
  • 65歳以上の方は9月末に渋谷区から届くインフルエンザ接種予診票を持参してください。


予防接種スケジュールが新しくなりました

予防接種スケジュールが新しくなりました

※画像クリックで拡大します。

乳幼児には数多くのワクチン接種が必要です。
当院では電子カルテを用いて小児科学会の推奨するスケジュールを親御さんと相談しながら組み、カレンダーに記載してお渡ししております。
あとでスケジュールを変更することも可能です。母子手帳をお持ちのうえご相談ください。

渋谷区以外の区に在住の方も、当院での予防接種が可能です。
助成について詳しくはお住まいの区のホームページ(予防接種のページ)をご覧下さい。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

渋谷区 子どもの定期予防接種
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kurashi/kenko/yobo/index.html

子宮頸がん予防ワクチン

渋谷区公費負担(無料)子宮頸がん予防ワクチン(HPV:ヒトパピローマウイルス感染症予防接種)も取り扱っております。東京都内であれば他の区(22区)の補助券でも当院で接種可能です。 また、接種票はお住まいの区役所(渋谷区:地域保健課健康推進係:03-3463-2412、港区民:みなと保健所保健予防課保健予防係:03-6400-0081)に電話して取り寄せる必要があります。連絡をしないと送られてきませんのでご注意下さい。
当院ではガーダシルを使用しております。
詳しくは下記をご覧下さい。

子宮頸がん予防ワクチン案内

子宮頸がん予防ワクチンのお知らせ

子宮頸がんワクチンについて

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンも受け付けております。渋谷区公費負担(無料)は初めて肺炎球菌ワクチンを接種される方のみとなります。
詳しくは下記をご覧下さい。

肺炎球菌ワクチン案内

肺炎球菌ワクチンは自費での追加接種も行っております。ニューモバックスとプレベナー13の2種類をご用意しております。公費の肺炎球菌ワクチンはニューモバックスです。
時間を空けて両方のワクチンを接種することでより予防効果が高くなるとされております。ニューモバックスは5年ほどで効果が減弱するため接種後5年で追加接種が必要ですが、プレベナー13は追加接種の必要はありません。ニューモバックスは通常65歳以上の方が対象ですが、肺疾患・心臓疾患・腎臓疾患などをお持ちの方は60歳以上で公費接種が可能な場合があります。詳しくは当院通院中の方は来院時にご確認頂くか、お住まいの役所にお問い合わせ下さい。 

BCG接種について

BCG接種おこなっております。ツベルクリン反応検査(PPD)も行っております。

海外渡航のためのワクチン

海外旅行・海外留学・海外出張などの際には地域により事前のワクチン接種が推奨されております。当院ではトラベルクリニックとして渡航先別に必要なワクチンと接種スケジュールのご案内をおこなっております。また、出発までにあまりお時間がない方で複数回の接種が必要なワクチンについては最短3週間で接種が完了できるrapid schedule(迅速スケジュール)のご案内も可能です。
下記を参考にしてください。

海外渡航のためのワクチン一覧

当院では黄熱ワクチン以外はすべて取りそろえております。
ワクチンは一定数の常備がありますが、ご家族でいらっしゃるなど複数名での接種を希望される場合は、事前にご予約をお願いいたします。

英語でのワクチン接種歴の証明書も作成いたします。母子手帳など必要書類をお持ち下さい。
また記入が必要な書類などがありましたら事前にご連絡の上、当院宛にFAX頂く事でよりスムーズな対応が可能です。

FAX番号は03-3406-5531です。

麻疹(はしか)について

今年の1月から関西地方で急速に拡がったはしか(麻疹)は都内にも拡がり、今年の都内の感染者数は4月時点で既に最近5年間の年間感染者数の2倍を超えております。潜伏期間(10~14日)を考慮すると更に感染者が増える可能性があります。 麻疹ウイルスは感染力が非常に強く、空気感染を起こします(インフルエンザ(飛沫感染)より感染力は強く、一緒の部屋にいるだけでうつることがあります)。免疫(抗体)を持っていない方が感染するとほぼ100%発症します。
昭和47年10月1日~平成12年4月1日生まれの方は麻疹ワクチンを1回しか接種していない方がほとんどで、抗体がないか、少なくなっている可能性があります。また昭和47年9月30日以前の生まれの方は麻疹ワクチンを接種していない方が多いものの、小さい頃に麻疹にかかっている可能性があります。ただし1度かかっていても抗体が少なくなっている可能性もありますので、抗体検査での確認もお勧めしております。
抗体があっても麻疹ワクチンの接種に問題はありませんので抗体検査なしでの接種も可能です。母子手帳などでワクチン接種歴をご確認お願いします。
また、海外渡航により麻疹にかかることもありますので、海外渡航を予定している方にも接種をお勧めしております。詳しくは海外渡航のためのワクチン一覧を参照にして下さい。

渋谷区在住の方で下記に該当される方は風疹の抗体検査が無料で受けることができます。

渋谷区在住の方で下記に該当される方は風疹の抗体検査が無料で受けることができます。

~ 対象者が拡がりました ~
※渋谷区以外の東京22区在住の方もクーポン券をお持ち頂ければ無料で検査を受けることができるようになりました。

  • 女性:妊娠を希望する19歳以上の方(年齢上限がなくなりました)
  • 妊娠を希望する女性の同居者(家族・同胞含む:同居者すべてが対象となりました)
  • 妊娠中の方の同居者(家族・同胞含む)

※注:女性、男性いずれも、過去に風しん抗体検査を受けたことのある人、明らかに風しんの予防接種歴のある人、検査で確定診断を受けた風しんの既往歴のある人は対象外です

詳しくはこちら
※検査につきましてはご予約は不要です。

また、上記に該当する方で風疹検査で抗体が低い方(HI法で16倍以下またはEIA-IgG法でEIA-IgG価8.0未満)は風疹単独ワクチンもしくは麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)を無料で接種することができます。

詳しくはこちら
※ワクチン接種をご希望の方は事前に連絡をお願いいたします。

風疹(三日はしか)について

昨年8月から流行している風疹ですが、今年4月の時点でもいまだに毎週20~30人ほどの新たな感染者が出ております。風疹ウイルスは飛沫感染により拡がり、妊婦が感染すると障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性が非常に高いとされております(妊娠初期の初感染では70%ほどと非常に高い確率です)。また大人がかかると子どもと比べ重症になりやすい傾向があります。風疹はワクチンを2回接種することによりほぼかからないとされております。お近くに妊娠されている方や妊娠を予定されている方がいらっしゃる場合には早めのワクチン接種をお勧めします。

【1度も接種していない可能性の方】39歳以上の男性・56歳以上の女性
【1度しか接種していない可能性の方】28歳以上の男女 

母子手帳などでご確認をお願いします。当院では風疹単独ワクチンおよび麻疹・風疹混合ワクチンを取りそろえております.予防接種としては麻疹・風疹混合ワクチンの接種をお勧めしておりますが、風疹単独ワクチンを希望される方は、風疹単独ワクチンが残り少なくなっておりますので事前にお電話での確認をお願いいたします。
*渋谷区在住で妊娠を希望される方とそのパートナーの方は要件を満たす方は風疹の抗体検査を無料ででき、抗体が少ない場合には風疹単独ワクチンもしくは麻疹・風疹混合ワクチンを公費で接種できる可能性があります。詳しくは当院の予防接種・ワクチン接種のページでご確認ください。

日本脳炎ワクチンについて

昨年8月に高知県で飼育中のブタから日本脳炎ウイルスが高率に検出されてました。ブタの血を吸った蚊が人を刺すことにより感染します。100人~1,000人に一人が脳炎を発症し、発症した場合の死亡率は20~40%と非常に高率です。
日本脳炎はワクチンで予防することが可能です.現在は合計4回の接種が推奨されております。母子手帳にてご確認をお願いします。
また、都内では日本脳炎ワクチン接種が3回以下の20歳未満の方には特例ワクチン接種制度があります。詳しくは渋谷区予防接種ページでご確認お願いいたします。
20歳以上の方には自費での接種をお勧めしております。
また、北海道ではこれまでに日本脳炎の発生がなく平成28年3月までは日本脳炎ワクチンが定期接種となっていなかったこともあり、北海道ご出身の方の中には日本脳炎ワクチンをまったく接種していない方も多いと思われます。母子手帳でご確認をお願いいたします。日本での発生は少ないですが、特に東南アジアでは発生が多いこともあり、渡航予定の方には是非ともワクチン接種をお勧めいたします。

髄膜炎菌ワクチンについて

髄膜炎菌ワクチンについて

髄膜炎菌性髄膜炎は咳やくしゃみなどにより感染し、進行が早く死亡率が高い感染症です。10歳代後半での発症が多く、死亡率も10代後半が最も高いとされています。髄膜炎菌性髄膜炎はワクチンで防げる病気の一つです。宮崎県の高校で集団発生が起こり死亡者も出たことから、日本でも2015年から髄膜炎菌ワクチンの接種が可能となりました。特に学生寮などで寮生活をする人、慢性副鼻腔炎や中耳炎の方は感染を起こしやすいとされています。また食器類の共用やペットボトルの回し飲みでも拡がる可能性があります。イギリスやアメリカへの留学の際には接種を要請されることもあります。またアフリカなどの流行地域へ渡航する場合にもワクチンが必要です。東京オリンピックを控え、流行地域からの持ち込みも懸念されております。髄膜炎菌ワクチンは2歳から55歳までが対象で1回の接種です。詳しくはお問い合わせ下さい。海外留学で必要な方には英文の接種証明書も発行いたします。

ポリオワクチンについて

ポリオはポリオウイルスによって起こる感染症で、感染しても多くは特に症状が出ないか出ても風邪のような症状のみでおさまります。しかし1,000~2,000人に1人に手足の麻痺が残ってしまいます。日本でもかつて大流行がありましたが、経口ポリオワクチンを緊急で始めたことでほとんど発生しなくなりました。経口ポリオワクチンは接種した乳児の便にも排出されることで周囲の方の免疫も保たれておりました(少量暴露により)が、ごく稀に経口ポリオワクチンによりポリオにかかってしまう乳児や周囲の方が発生しておりました。そのため2012年8月以降に生まれた方は感染を起こすことのない不活化ポリオワクチン(注射)に切り替わりました。ただ不活化になったことにより,年齢と共に徐々に免疫が落ちている事が確認されております。それを補うために欧米などの多くでは不活化ポリオワクチンの5~6回の接種がおこなわれておりますが、日本では現在4種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオワクチン)として乳幼児期に4回の接種のみです。最近では免疫の低下を補うために小児科学会から小学校入学前の4歳~6歳での追加接種(5回目)が推奨されております。任意接種のため有料とはなりますが、東京オリンピックを控えて流行地域(アフリカ・南アジア)からの持ち込みも懸念されております。またアフリカ・南アジアなどへの渡航の際には追加接種をお勧めいたします。また,昭和50年~52年生の方は他の年代の方と比べてポリオに対する抗体が低いことがわかっております。海外渡航に関係なく追加接種をお勧めしております。

フルミスト(鼻に噴霧するインフルエンザワクチン):現在入荷待ちです

注射が苦手な方には鼻にスプレーするワクチン(フルミスト)のご用意もあります。
フルミストが使用できる方は2歳から49歳までです。基本は1回のみの接種です。
ただし8歳以下でこれまでにインフルエンザワクチンを接種したことがなく、インフルエンザにもかかったことがないお子さんは2回の接種が必要です。
1回あたり9,500円(税別)となります。渋谷区の補助は受けることはできません。左のメニュー欄にあるネット診療予約からの予約が可能です。お電話でのご予約も受け付けております。
フルービック(防腐剤の入っていないインフルエンザワクチン)も常備しております。フルミストにも防腐剤は入っておりません。

抗インフルエンザ予防薬

ご家族の一人がインフルエンザにかかってしまうと、他の方に感染してしまう恐れがあります。重要な行事(お仕事や受験など)を控えている方などには、ご希望により予防薬の処方を行っております。予防薬によりインフルエンザ感染のリスクを減らすことができます。
当院ではイナビル・タミフルの処方が可能です。予防投与に関しましては保険診療の適応がなく、自費となります。詳しくはお問い合わせ下さい。ネット診療予約も可能です。